関西の帝王!?バイトにすら受からないからブログやってみた

大阪ならではのバイトに対する考え方?なんくるないさ!やりたいことがあるならまずはやろうや。んでから考えたらイイやん。楽しくMYLIFE

悲しい事件と知り合いのバイト応募の現状と感情

今日のニュースで、かなりショックだったのは、理化学研究所の小保方さんの上司が自殺した事件です。自殺するくらいなら、なんだってできたのに、1からやり直しだってできたのに、科学の世界を去ることだってできたのに… なぜそっちに向かってしまうんだろう、と思っちゃったんですよね。

実は私の元カレに、おじいちゃんに自殺された彼がいたんです。で、その彼がたまにいっていたのが「俺もいつか、じいちゃんみたいに自殺するんじゃないかって怖い」ってこと。

そう、自殺って自分は終わっちゃうかもしれないけれど、周りを巻き込むんですよね。しかも、取り返しのつかない形で。

生きるのが苦しい~ってなっちゃっても、苦しくてもなんとかなる。1日1日、とりあえず持ちこたえる。そんなことって、無理なんですかね。

私の周りでも、実は知人で自殺してしまった人がいます。直接大の仲良しというわけではなかったけれど、一人はとてもイケメンの男の子。お母さんがなくなって鬱になり、お母さんが亡くなった1年後に自殺してしまったんですよね… お母さんは喜ばないだろうに。

あとは、母の友人の息子さん二人が、自殺で亡くなられてしまったり… 本当、せめて病気とか事故とかで命をなくしてしまう方の分も、寿命までは生きようよ~っと思ってしまった私でした。

悲しい事件が多いですよね。

私の知り合いはバイトに全く受からないと嘆いていました。

とは言ってもなんとかがんばってやってはいるみたいです。

全然バイト受からない


沖縄でのアルバイトは優しくなることから学ぶ

埼玉から沖縄に引越して、心から感じたことは、沖縄の人は子供に優しく、子供に対してかなりおおらかに接してくれる、
ということです。全く知らないおじちゃんたちが、飴をくれたり、頭をなでてくれたり、おまけをくれたり、
そんなことは日常茶飯事。

それに慣れてしまったので、この夏埼玉に里帰りでやってきて、他人への無関心さなどが気になるようになりました。

そう、心に余裕がない人が多いんですよねえ。沖縄よりは、はるかにお金を持っている人は多いだろうに!?
笑顔がないし、目が合ってもにっこりしないし、お店でもみんな、世間話をすることもなければ、他人に対しては
興味は全くない、みたいな… 

こんなところに大地震が来たら、みんな自分のことだけ考えて、最悪な状況になるんじゃないかなあと想像してしまいました。
だからこそ、もし埼玉に戻ることがあったら、しっかり備えて生き抜かなくちゃな、と思いましたよ。

沖縄だと、困った時に手を差し伸べてくれる方はたくさんいらっしゃいますからねえ。
沖縄の人のやさしさが、いまさらながら身に沁みました。引っ越したのは間違いじゃなかったな!と.. 

仕事の都合で埼玉に戻ってきても、そのやさしさは忘れず、周りの人に優しさを振りまこうと思います~!

沖縄で働くのは需要と供給のバランスから考えて基本は観光客に対しての接客になると思います。

アルバイトだって大変だな


自然のヒグマは要注意!日本でももちろん

皆さんは、北海道は三毛別で起きたヒグマ事件のご存知ですか?
アンビリーバボーでも特集されていたのでご覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、
私はアンビリーバボーで見る前から、ヒグマとかグリズリーのあまりの怖さに戦慄して、さらにもっと怖いもの見たさで
調べたりしていたので、知っていたんですよねえ。

このヒグマ事件、わずか数日で村人が次々と体調3m50cmの大きなヒグマに襲われ、最終的には伝説のまたぎ(笑)に
仕留めてもらったという話なのですが、WIKIで見ると詳細が載っていて本当に怖すぎるんですよ~。

暑い日が続いている今、背筋が凍るような怖さを味わうなら、ぜひ読んでみてくださいね。

それから、小説「熊嵐」もかなりの怖さなので、お勧めです。これも熊の話ね、もちろん!
それにそれに、「グリズリーマン」は、グリズリーが大好きだった男の人が、グリズリーのドキュメンタリーを
ずっと撮っていて、最終的には自分のテントで、数日前に撮影していたグリズリーに食い殺されるという
怖い映画なんです(実話)。これもまた、えぐいシーンとかは一切ないのに、精神的に「うわあ…」と来るんですよね。

最後に食べられるところは、ビデオの映像がないけれど音声では残っているそうで、これは公開されていないのですが、
食い殺されているところが撮れているそうで… 戦慄です。


夏祭りこそ注意が必要!屋台に注意すること

今日も母と「花火大会が近所であるね~」って話をしていたのですが、私は「でもお祭りって、あのボンベ爆発事件
があって以来ちょっと怖いよね~、屋台のところ通るときは、早足になっちゃう」なんて言っていたんですよね。

そしたら案の定… 東京の江東区の亀戸天神社でのお祭りの会場で、カセットこんろのガスボンベが破裂して、
4人がけがをしたそうです。どなたもケガの程度は軽かったそうですが、こういうのがあるから怖いんですよねえ、
お祭りって… ケガをした方は10代から70代の男女4人だそうですが、死んだと思ったでしょうね。本人たちは!

ただし今回は、プロではなくて町会の方の主催のお祭りだったので、町会の方が屋台を出していたんだそうです。
3mの高さまで火が上がったそうですから、怖いですよねえ。うちは年少さんの娘と、小2の息子がいるので、
軽い爆発でも致命的になりそうでもっと怖い!

なので、とりあえず明日はお祭りに行く予定ですが、屋台の前は早く通ろうと思います。でもまあ、この爆発の
ニュースを見て、お店も気を付けるようになるかなあ…なんてちょっと思っていますけれど。
自分だって、大けがするでしょうし、気を付けてくださいよ~、屋台の皆さん!